spread boon v1.04s2a

Time:
訪問先URL:
変換後URL:
URLクエリー処理:
砲門数: 訪問間隔: ms
通常訪問 開始: [分]  停止: [分]
サイクル 開始: [分]  停止: [分]

- 説明 -

特定のURLに連続でアクセスし、負荷を発生させるツールです。
メガ式田代弾投下装置と雷禅砲改を勝手に組み合わせて、
時間指定によるアクセスでも、フレーム内で更新するようにしています。
ウィンドウがたくさん開くのがいやだって人向けです。
JavaScriptなどは全然わからないので、バグがあってもどうしようもないです。
なお、スクリプトを見る限りでは、1秒1秒現在の時刻と比較しているようなので、
このページを開いたときにパソコンの負荷が高まるかもしれません。

- 使い方 -

訪問先URLにアクセスしたいURLを入力し、砲門数(表示するフレームの数)と訪問間隔を設定して、
訪問開始ボタンをクリックすると、アクセスを開始します。訪問停止ボタンでアクセスを停止します。
開始と終了の部分に日付と時間を入力すると、指定した時間に開始し、停止します。
各ボックスに入力する値は2桁なので、1月の場合は01と入力してください。

なお、ローカルで実行する場合、URLにhttp://だけを入力して開始すると、
それ以降は操作を受け付けなくなってしまいます。
その場合は、クリアボタンを押すと操作できるようになります。

v1.04s2a modified by しーぼん
"http://"が省略されたURLらしい表記に対応。
直リンク事故防止のため、spread boon形式は必ず"sprp://"で始まる表記を使用してください。
ただし、一部の2ch用ブラウザは不明なプロトコルの一部分を勝手にhttpとしてリンクしてしまいます。
勝手にリンクを拡張するブラウザには対応しきれないので、各自で注意を促すようにするか、
sprp://sampledomain.aaa /index.asp のようにドメイン・IPアドレスの後ろに半角スペースを入れて対処してください。

v1.04s2 modified by しーぼん
複数の訪問先URLのサポートを追加。
spread boon形式のURLをhttp(s)/ttp(s)で入力した際の警告をポップアップに変更し、
その場で自動修正できるようにした。
なお、IEでは自動修正時に空行が削除されてしまうので注意してください。
テキスト入力欄の改行コードの問題を吸収しきれていません。
このままではMacで複数URLが動かない可能性があります。

URLを複数入力した状態でURLクエリー処理のencodeボタンを押すと
改行コードごとエンコードされてしまいます。
当面の間はサポート外とします。
今更ですが、オリジナルのboon自体がFirefoxで正常に動作しないことが判明しました。

v1.04s1a modified by しーぼん
URIの表記をURLに統一。(混乱防止)
URLランダム変換確認機能で、プロトコルが不正な場合は何もしないようにした。
spread boon形式のランダム変換用URLが掲示板から直リンクされるという事故発生のため、
http/https の代わりに sprp/sprps の表記をサポート。
他に掲示板で使われる ttp/ttps も使用できます。(非推奨)
互換性維持のため、従来の http/https 形式の使用も可能にしていますが、
使用時に警告が表示されて強制変換されるようになっています。
注意
1.spread boon形式のURLをサポートしない他の田代砲に[数字-数字]を含むURLを入力しないでください。
正常に動作しないばかりか、訪問先サイトに余計な情報を与えることになり大変危険です。
2.spread boon形式のURLの内、http/https で始まるものを
絶対に掲示板にそのまま書かないでください。
直リンク先のサイトに余計な情報を与え攻撃を受ける危険性が生じ極めて危険です。

v1.04s1 modified by しーぼん
URLランダム分散機能を追加。
次のような形式でURLを記述すると訪問先URLが毎回自動的にランダムに変換される。
例: http://127.0.0.1/[1-100]/[100-999].html → http://127.0.0.1/55/365.html
URLのランダム変換結果を、訪問先へのアクセスをすることなく確認する機能を追加。
URLに encode/decode 処理をできるようにした。(テスト用)

v1.04
訪問先の確認をした後操作を受け付けなくなるバグ修正
(なぜ今まで気がつかなかったんだろうorz)
テラダブルダブル田代砲やAttackedのようなWindowを順番に更新するスクリプトを実装
(サイクル開始で行えます。)
タイマーを通常とサイクルで分割しました。

v1.03
スクリプトを大きく変更しました。
ステータスの表示を変更しました。

v1.02(非公開)
訪問先確認でフレーム全体にページを表示するようにしました。
砲門数が0の時に1にするようにしました。
砲門数が1のときはフレーム全体にページを表示するようにしました。
(メガ粒子田代砲と似たような動作)

v1.01
タイマー設定を2つに増やしました。
起動時に自動的にタイマー設定に現在時刻の一部を入れるようにしました。

v1.00
初版リリース

このツールを使用し何か問題が発生しても、責任は一切取りません。
くれぐれも、自己責任でお願いします。